menu
閉じる
  1. なんであのときファンクラブ開始しました!!
  2. なんであのとき感謝祭
閉じる
閉じる
  1. なんであのときファンクラブ開始しました!!
  2. なんであのときFM 「受け身!?スタバママ!シアトルツア〜ぽん」
  3. 人間病院 第285回 FANZAのビッグデータになりきれてない病
  4. まぐろDEポン! 第021回「メックDEポン!」
  5. デストロイラジオ 第400回 デストロイオーディションをデストロイ。
  6. 人間病院 第284回 ベレー帽の下のハゲ確認しないで帰っちゃう病
  7. デストロイラジオ 第399回 とりあえず再開をデストロイ。
  8. まぐろDEポン! 第020回「りょうまDEポン!」
  9. まぐろDEポン! 第019回「正常値DEポン!」
  10. まぐろDEポン! 第018回「グリンに会えたDEポン!」
  11. まぐろDEポン! 第017回「第二部DEポン!」
閉じる

なんであのとき放送局

関東支部・関西支部交流会 2月11日

 11日に大阪でなんであのとき放送局の関東支部・関西支部交流会が実施された(というか、そういう名目で遊んだ)。

 

 11時過ぎに御堂筋線新大阪駅で集合。メンバーはマチルダさん、こなすさん、panheadの3名。マチルダさんは、たんぽぽジュース、なんであのときcafe、ブレインソード出演、人間病院カルト王などで貢献する重鎮。こなすさんはなんであのとき放送局の絵師で人気ブログ「20代ゆるOLのぱっとしない絵日記」の作者で、人間病院wikiにも何枚もイラストを提供してくれている(提供するという了解だけもらって勝手に使っているだけだがww)。なお、使いやすいラインスタンプ定時退社希望ゆるOLちゃんスタンプもリリースされているのでとりあえず買っておこう。

 


焼きそばも食べた

焼きそばも食べた

 挨拶もそこそこに、梅田に移動。東京支部からのマチルダさんのご希望で、大阪名物の粉物を食べることにし、開店前のお好み焼き屋に並んだ(名前忘れた)。が、開店と同時に店員さんから「2巡目になるので、1時間位かかる」と告げられて退散。近くのお好み焼き屋に入った。開店前から人が並ぶような有名店ではなかったが、大阪クオリティのお好み焼きに満足し、梅田を後にした。


 次に向かったのは本屋と雑貨屋が融合したお店 STANDARD BOOK STORE 。雑貨屋と本屋が融合したからといっても Village Vanguard ではない。もっと、なんかこうハイクオリティな感じのチョイスで、ウケ狙いのポップはない(それはそれで好きやけど)。おっさんはエンジンが付いたり付いてなかったりする2輪車の本や古いマンガの表紙を眺めた。

 

アイスドッグ屋さんの外観

アイスドッグ屋さんの外観

 そこから、三角公園付近に移動。アイスドッグの偵察だ。トクマスターが「いつかはなんであのときcafeでコッペパン・アイスを出したい」と言っていたからだ。ライバルを分析し蹴落とすのがなんであのとき放送局。ちなみに、コッペパン・アイスはこなすさんにより、たんぽぽジュースのキャラ「コッペパン・アイスちゃん」としてイラスト化され、ステッカーとして商品化も行われている。四の五の言わずに買っておこう。

 

アイスドッグ

アイスドッグ

 これがアイスドッグ。シンプルだ。コッペパンは軽く揚げてあってパンの暖かさとアイスの冷たさのコンビネーションが口の中に広がったり広がらなかったり、手がべとついたり、素材の味が活かされてるのか活かされてないのか微妙な感じで、おいしかった(マチルダ・こなす談)。ちなみに、panhead は店内の井岡・コブクロ推しの圧に驚きながら食べる二人を眺めるのみだった。昼食時に意地汚くお好み焼きを多くとったので腹いっぱいだったのだ(支払は同額でだ)。


 次の目的地はWALPA OSAKA。なんばからの無料シャトルバス待つ時間調整を兼ねてなんば風味満点のcafeを視察(単にコーヒー飲んで人間病院の話をしていただけだが)。なんば風味ということは一般には昭和の喫茶店臭が漂うという意味だw

 

WALPA OSAKA

WALPA OSAKA

 右の写真が WALPA の建物。外観を見れば伝わるシャレオツさ。壁紙の専門店だ。こんな機会がなければ一生入ることはないだろう(panhead談)。中は輸入物の壁紙や壁紙サンプルが壁面いっぱいにディスプレイされていた。

 

 なんであのときcafe の壁面を彩る例の壁紙を貼り替える日が来るかどうかは分からないが、その日のための情報収集だ。「cafe」の名に相応しい壁紙がいっぱいあった。

 

 サンプルを手に取ると、モヤッとしたイメージが現実味を帯びてくる。ホームセンターの素材売り場で木や金具を物色している時の感じだ。

 

童心に返ってブランコで遊ぶこなすさんと見守るpanhead

童心に返ってブランコで遊ぶこなすさんと見守るpanhead

 帰りのシャトルバスを隣接する公園で待つ。が、次のバスが来るまでに1時間ちかくあることが分かり、市営バスで引き返した。こういう行き当たりばったり感もなんであのとき放送局らしくていい(^^;


 最後はGoGoパクチー。パクチー料理の専門店。店に入ってファーストオーダーを食べ終わる頃に、最後の参加者、ライロジ出演者のコースケ君が合流。仕事終わりに駆けつけてくれたのだ。お疲れ様。

 

 アルコールも入り、なんであのとき放送局の待遇や人事についての不満をぶつけあったww途中、男性陣がマカーぶりを発揮して女性陣を置いてけぼりにするという一幕があったりして、あっという間の3時間。54年間で食べてきた分より多いパクチーを腹に収めて店を後にした。

 

夕食はGoGoパクチー

夕食はGoGoパクチー

 

 ここでパクチービールの製法を学んだ。パクチー(コリアンダー)をグラスに入れてビールを注ぐだけ。こだわりがないのなら発泡酒や第三のビールでもいいだろう。パクチーの香りがしておいしく飲める。これならなんであのときcafeでも出せる。

 

 心斎橋駅でこなすさん、御堂筋線梅田駅でマチルダさん、大阪駅でコースケ君と分かれ、JR大阪駅4番ホームで快速電車に乗り、メガネを替えようとしたら見当たらない。引き返すと帰れなくなりそうなので、「明日、電話して確認が取れたら店に行って受け取ろう」と諦め、マチルダさんに店の名前を教えてもらった(この時点ですでに店名は完全に忘れていたのだ)。前回の社員旅行といい、普通に終わらないのがなんであのとき放送局。

 

 しかし、家に着いてモバイルバッテリーを取り出そうとしたら、バッグの奥に異物混入ちゃんシールが見えた!無意識のうちにメガネをバッグに閉まっていたらしい。酔っ払っていてもちゃんとしていたよ(誰に訴えとんねん)。

 

 かくして、交流会は無事終了。マチルダ支局員は翌日名古屋に移動し、猫洞スタジオで行われるかるたカルト王決定戦を主催された。おつかれさまです。

 

宣伝:こなすさんがイラストを描いてくれる。

関連記事

  1. あずおとアーカイブ、ゆるOL引っ越しのお知らせ

  2. なんでもない平日のお出かけにカフェを訪ねた話 後編

  3. なんであのとき放送局本社出張報告

  4. なんであのときcafe 4月3日営業開始

  5. 楽曲販売のご案内

  6. なんであのとき放送局社員旅行 2日目(9月20日)

おすすめ記事

  1. なんであのときファンクラブ開始しました!!
  2. なんであのとき感謝祭

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る